趣旨

「技能と技術」誌は、職業能力開発に関する成果(実践事例等)を訓練担当者に周知し訓練内容の充実を図ると共に、担当者相互の交流と資質向上に寄与することを目的としたものです。

発行

昭和41年11月に創刊、平成21年7月通巻第256号より電子書籍

掲載

年4回(3,6,9,12月)基盤整備センターホームページへ掲載

編集

企画調整部企画調整課

執筆者

どなたでも投稿できます。但し、著作権は職業能力開発総合大学校基盤整備センターに帰属するものといたします。

編集方針

本誌は以下の方針に基づき編集しています。

  1. 職業能力開発施設における教育訓練の実践事例をとりあげ、今日的課題についての関心を高め、現場の参考に資すること。
  2. 諸外国の職業能力開発事情に関する情報を提供すること。
  3. 社会的要請に即応したテーマを特集し、啓蒙的役割を果すこと。
  4. 伝統技能及び熟練技能を紹介し、技能尊重の気運の醸成に資すること。
  5. 公共職業能力開発施設の社会的役割の明確化に役立つような研究又は実践事例をとりあげ、施設の活性化に資すること。
  6. 企業の職業能力開発に関する事例をとりあげ、業務の参考に資すること。

投稿原稿の種類

実践報告 各訓練施設における各種訓練コース開発、カリキュラム開発、訓練方法、指導法、評価法等の実践の報告
調査報告・研究報告 社会情勢や動向を調査・研究し、能力開発業務に関わる部分の考察をした報告
技術情報 技術的に新しい内容で訓練の実施に有用な情報
技術解説 各種訓練の応用に活かすための基礎的な技術を解説
教材開発・教材情報 各訓練コースで使用される教材開発の報告、教材に関する情報
企業の訓練 企業の教育訓練理念、体系、訓練内容、教材、訓練実践を紹介
実験ノート・研究ノート 各種の試験・実験・研究等で訓練に有用な報告、研究資料
海外情報・海外技術協力 諸外国の一般情報、海外訓練施設での訓練実践、教材等の情報
ずいそう・雑感・声・短信・体験記 紀行文、所感、随筆、施設状況等各種
伝統工芸 伝統工芸を伝承するための技能や人物を紹介